2017年3月

日曜日は家族でゆっくりと

日曜日は家族でゆっくりと

(公開: 2017年3月 6日 (月))

日曜日は家族でゆっくりと家で

過ごしています。

そうそう、子供にはしっかりと

アスミールを飲んでもらって健康に

育ってもらわなくてはですね。

アスミールで身長を伸ばす

 

そういえば禁煙がいま進んでいます。

森永卓郎氏が禁煙の件で厚生労働省を批判と

いう内容が出ています。

 

これについての反応を集めてみました。

 

俺も一日20本は吸うけど飲み会禁煙でも全然OKだけどね

食事なら禁煙席をお願いするしさw

 

10人の飲み会で喫煙者1人で強烈な嫌煙者2人ってパターンの時、

吸う勇気は無かったねwww

 

最近、全面禁煙の飲み屋のパターンもちらほら出てるけど人気高いよ

 

“喫煙者の人権を剥奪“ までは行かずとも、締め出すための法案であることには変わらんな。

もしも本当に受動喫煙対策なら、分煙や店自体で棲み分けで良いのだから。

 

日本と欧米とではやっていることが逆。欧米では路上喫煙には非常に寛容で罰金など取るところは無いし、喫煙者は平気で路上で吸っていて、文句を言う人もいない。従って、屋外にあるカフェのテラス席などでは喫煙が許されている。だが、室内での喫煙には非常に厳しい。これは論理的にも当然の話で、路上では煙草よりもっと有害な車の排気ガスが元々あるのだから喫煙を制限しても意味がないからだ。欧米ではあくまでも直接的な健康リスクのみが問題とされ、マナーの問題ではない。

今回の日本の飲食店での全面禁煙は、東京オリンピックをきっかけに海外の状況に合わせようとしたものだが、東京では既に多くの自治体で歩き煙草が取り締まりを受け、路上喫煙が非常に厳しく規制されているので、喫煙に対して世界一厳しい都市になることを意味する。室内は全面禁煙でも路上喫煙席を設置可能にすれば良いとは思うが、ヒステリックな嫌煙者が反対するのだろう。 

 

 

折角 日本には最高水準の分煙技術があるのにね...

こんな事やってたら分煙設備のメーカー潰れちゃうよ

 

愛煙家は決して人が吸った煙を愛している訳ではない。

自分だけの権利を主張したいだけである。

 

吸うなとは言わないけど、吸ってる人達の臭いすごい臭いよ。吸わない人からしたらすれ違うだけで吐き気する時あるし。でも吸えない環境を作るのは違う気がする。吸えるスペースを作っていくべきかな。そうすれば吸わない人はそこには近づかなければいいだけだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美容に欠かせないカラコンでも度入りがあるらしい

美容に欠かせないカラコンでも度入りがあるらしい

(公開: 2017年3月 3日 (金))

形成外科とは違い美容外科が健康体に医師が施術を加えるという容貌重視の行為なのに、やはり安全性の意識がおろそかにされていたことが一つの大きな理由としてあるのだ。
頭皮は顔の肌と一続きになっており、額も頭皮に等しいものだと捉えることをあなたは知っていましたか。加齢に伴って頭皮が弛むと、顔面のたるみの要因となってしまいます。

歯のビューティーケアが重要と思っている女性は多くなっているものの、実際におこなっている人はさほど多くはない。最も多い理由が、「どのように手入れすればよいのかよく知らない」という意見らしい。

なんとなくPCやスマホのモニターに見入ってしまい、眉間にシワを寄せ、その上口角を下げたへの字口(ちなみに私は「富士山口」と名付けています)ではないですか?これはお肌の大敵です。

どうにかしようと思った挙句にやみくもにマッサージをする方がいらっしゃいますが、ことさら目の下の表皮は薄くて繊細なので、ゴシゴシと強く力を入れるだけの乱暴なマッサージであれば良くありません。


肌の奥底で作られた細胞は時間をかけてお肌の表層へと移動し、結果的には肌表面の角質となって、約28日経てば自然に剥がれていきます。このサイクルが新陳代謝の正体です。
ネイルケアというのは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す。ヘルスケア、ビューティー、ファッション、巻き爪処置などの医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全などありとあらゆる活躍の場が存在し、もはやネイルケアは確立された分野と言っても過言ではない。

メイクアップでは目立たなくすることに主軸を据えるのではなく、メイクアップを通じて結果的に患者さん自身が自らの容貌を受容して、社会生活への再出発を果たすこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも向上させることが理想です。

患者さんによってお肌の質は異なりますし、先天性のドライスキンなのか、もしくは生活習慣など後天的なものによる乾燥肌なのかに応じて治療の内容に大きく関わってきますので、充分な配慮を要します。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、肉体に損傷をこうむった人のリハビリと同じように、顔や体の外観に損傷を被った人がもう一度社会へ踏み出すために覚える技法という意味があるのです。


美容とは、整髪、化粧、服飾などの方法でもって容姿や容貌を更に美しく見せるために形作ることを指す言葉。実のところ江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使われていたようである。
デトックスという言葉自体はそんなに目新しいものではないが、これはあくまで健康法や代替医療のひとつに過ぎないのであり、医師による「治療」とは違うということをわかっている人は少ないのだ。

マスカラなどのアイメイクを落とすときにメイクをよく落としたいあまりにゴシゴシこすって洗い続けていると目の周りの肌が傷ついたり炎症を起こす等して色素沈着がおこり、目の下の茶色い隈の一因となります。

デトックスという方法は、専用のサプリメントの服用及び汗をかくことで、そうした体の中の有害なものをできるだけ体の外へ流そうとする技術のひとつのことを指している。

「デトックス」術には危険性や問題点は無いと言えるのだろうか。第一、体に蓄積してしまう「毒素」というのはどのような性質のもので、その「毒素」とやらはデトックスで排出できるのか?


コンタクトをするならカラコンで度が入っているものもあるらしいですね。
みんカラには度付きのカラコンはあるでしょうか。↓
みんカラのカラコン公式サイトはこちらから