贈与はどのように活用したらよいだろう?

人に無償で財産を与えることを「贈与」といいます。

贈与の制度はうまく活用すると節税対策や遺産分割の対策として有効です。

ただし、贈与を受けた人には贈与税が課税される点に注意しなければなりません。親子間、夫婦間の贈与でも課税の対象とされます。

贈与の活用の具体例として、相続税が多額に課税されそうな場合に生前に贈与しておくことにより財産を減らしておくという方法があります。相続関係図の説明

そのようなことをしたら贈与税がかかるので税金を払うのは同じではないかと思われるかもしれませんが、現在は「贈与税の配偶者特別控除」や「住宅取得資金等の贈与の特例」など贈与税をずっと減らせる 制度がありますし、毎年110万円までは贈与税がかからないことを利用して贈与する方法もあります。

また妻が夫の死後も確実に自宅に住み続けられるように自宅の土地建物を夫との共有名義にしておくという方法もとられることがあります。

いずれにしても贈与をうまく利用するためには様々な条件がありますので、まずはどのような時にどんな制度を活用できるかということをよく調べてみる必要があります。